副業をしないのがリスクになる時代

多くのサラリーマンと言われる人たちは、収入をひとつの会社から得ています。

つまり、これは、ひとつの会社に人生を依存している状態ということになります。

もちろん、会社と従業員の関係がうまくいっている間はよいのですが、ひとたびこの両者の間に利害の不一致が起きると、私たちサラリーマンがいかに不利な境遇にいるかというのを思い知らされることになります。

具体的な事例を見てゆきましょう。

労働環境に不満があっても転職できない

転職を本気で考えたことがない人は、労働環境が悪ければ転職すればいいと安易に考えているかもしれません。

しかし、実際のところ条件のよい転職というのは実現が非常に難しいのです。

ヘッドハンティングされた場合は別として、自分から転職をしようとした場合には、転職サイトへの登録、書類の準備、面接・・・など相当な時間を使うことになります。

しかし万が一転職ができない場合を考えると、転職活動を会社に悟られるわけにはいきません。

そんな中で自分の希望にマッチした転職先を見つけるというのは実際のところ至難です。

結局妥協して転職してまた転職を繰り返すか、いまの環境に甘んじるしかないのです。

社内でしか通用しない人材になってしまう

サラリーマンというのは、必ずしも労働市場で価値のある業務を任せてもらえるとは限りません。

会社の規模が大きくなればなるほど、分業体制が整い、歯車として機能することが求められます。

もちろん、定年までその企業で働くことができて、十分な老後資金を作れるのであればそれでよいでしょう。

しかし、今の時代はその保証がないのです。

もしその会社だけでしか通用しない特殊な人材のまま中高年となり、そのときにリストラや会社の倒産などに遭遇してしまうと、残念ながらこれまでのキャリアは有効ではありません。

こうなると転職には相当な苦労をしますし、年収のキープは絶望的となります。

改めてこういった現実をつきつけられると本当に恐ろしいですよね。

そして、副業というのは、こういったリスクを軽減するために非常に有効な手段です。

もし、会社を今すぐ辞めても当面生活に困らないだけの副収入があるとしたらどうでしょうか?

転職にあたって今の会社の顔色を伺いながらビクビクすることは何もありません。

その気になれば次が決まる前に退職して腰を入れて転職活動を行うことも可能です。

また、副業というのは汎用性の高い業務が中心となりますので、基本的にどこでも通用するスキルや経験が身につきます。

本業とは別に副業でこういった汎用的なスキルや経験を積んでおくと、いざというときに他の中小零細企業に就職する際にかなり有利になります。

正直なところ、私たちがどんなに会社に義理立てをしたところで、会社は最終的に私たちの人生を守ってくれるわけではありません。

これからの時代は、自分の人生は自分で守ってゆかなければならないのです。

らくらく副業ナビ公式LINE登場
公式LINEではもっともっとお得な情報を配信しています。
是非お友だち登録してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする